KITN 〜京都IT経営支援ネットワーク〜

京都IT経営支援ネットワーク(KITN)とは

京都IT経営支援ネットワーク(KITN)は、京都を中心に活動するITコーディネータ、ITベンダー等が集まり、中堅・中小企業が抱える経営課題をITで解決する為に設立されました。

昔から言われている通り、ITは道具です。ただし、コンピュータやネットワーク等の技術を使った道具の為、少し使い方が難しいでしょう。また、難しがゆえにITを使う真の目的も見えにくくなっています。IT経営は、経営的成果を得る為(目的)にITを活用する経営スタイルです。しかし、この目的が曖昧なままITを導入するケースも見られます。

例えば、よく言われる有名な話があります。ある大工さんに「あなたは何をしているのですか?」と聞くと大工さんは「私は木を削っているのです」と答えます。別の大工さんに同じように、「あなたは何をしているのですか?」と聞くと、「私は教会を建てているのです」と答えました。後の大工さんは、木を削る最終的な目的を理解して作業しています。

ITも同じで、生産管理システムなどのITを導入すると作業効率が上がりますが、その結果会社にどのような成果があるかを理解してITという道具を使う。これが経営的成果を出すために必要だと考えます。

私たちKITNのメンバーは、単にIT導入をご支援するだけでなく、IT活用の真の目的を企業経営者及び従業員の方々と共有して経営的成果が得られるIT経営をご支援・ご指導させて頂きます。ITを活用して京都の企業が元気になって欲しい。そういう思いを持った集団です。

京都IT経営支援ネットワーク
代表 坂田岳史

京都IT経営ネットワーク(KITN)の規約

KITNの主な活動

①IT経営関連セミナー等の実施
以下のセミナーや研修会を随時実施します。
・経営戦略、IT化戦略策定セミナー
・IT化企画作成セミナー
・RFP(システム要求仕様書)作成セミナー
・システム開発プロジェクト管理セミナー
・情報セキュリティ管理セミナー
・ISOシリーズ取得セミナー など

②IT導入時の助言・指導
・業務システムやWebなどを導入する際に、その取組方や留意点などについて助言・ご指導させて頂きます。

③IT関連ソリューションの導入
・生産管理システム、Webシステム、HPやblogデータ分析ツール、情報セキュリティ関連製品などもご提供させて頂きます。

尚、京都IT経営支援ネットワーク(KITN)自体は、収益事業は行っていません。